スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06/30 (Wed)

ワールドカップ、日本対パラグアイPK戦で負け、駒野がPKを外す、2CHで駒野批判が凄いようだ。 

ブログのテーマとはちょっと外れますが、
ワールドカップの感想を語ります。

ワールドカップでは日本が惜しくも、
パラグアイにPK戦で負けてしまった。


私も深夜までテレビにかじりついていたので、
非常に残念だった。


どうも途中から中村憲剛が入ってから、
攻撃の流れが出来たような気がする。


中村憲剛が入るまでは、
ボールを奪ったとしても、
中盤でボールが確保できていなかった。


彼が入ってからは、
中盤でボールが良く回るようになり、
良いパスも出てくるようになった。


明らかに流れが変わった。


結局は点を取る事が出来ずに終わり、

PK戦になってしまったのだが・・・。


彼をもっと早く入れておけばと思いましたね。


中村憲剛と 中村俊輔は、
顔も似ているけどプレイスタイルも似ている。

中盤でボールの溜めを作る事ができて、
最適な場所にパスを流す事ができる。

ドリブル突破などボールのさばき方も上手くて、
ゴールにもきっちり絡む事ができる。

使っていなかったのがもったいなかったなと思えた。


まぁそんな感じでPK戦ですが
1番手のキッカーは遠藤。

彼はキーパーが動いたのを確認してから、
逆方向にきっちりとけることのできるPKの名手だ。

さすがに彼は安定している、
キーパーの逆方向にきっちり決めた。

2番手のキッカーはキャプテンの長谷部
キーパーも反応していたので、
ぎりぎりといった感じだった。

そして3番手は駒野、
解説者の金田さんも心配していたようだが、
テレビを見ていた人たちもなんで?
と感じていた人も多かったと思う。

なんだか、メンタルが弱そうという雰囲気。

結局バーにはじかれて外してしまった。


4番手の本田は落ち着いてPKを決めた。

まさに彼のメンタルの強さを証明したプレイだった。


川島にも神業的なセーブを期待していたが、
さすがはパラグアイ全てきっちりと決めてきた。

結局PKで日本は負けてしまったのだが、
もちろんシュートを外した駒野を批判するつもりはない。

ただ、中村憲剛やFWの岡崎などが
適任だったのではとは思ってしまう。

順番も本田を先に蹴らせた方が
良いのではと思ってしまった。

厳しい事を言うようですが、
PKという最後の最後で、
最も勝率の高いアクションをしたのか
と聞きたくなってしまう。

最後の詰めが甘かったのではないですかと。

そう考えると、
監督にも責任が出てくるかもしれない。

外したのを責める訳ではなくて、
本当に勝率の高いキッカーの
選出だったのかという事です。

ここに疑問が残ってしまう。

また、DFがPKを蹴るとしても、
個人的には中澤や長友、闘莉王
辺りが蹴って外したとしても
まぁ仕方がないかと思えた部分がある。

今大会の長友の動きは、
驚くべきものがあった。

守備でもきっちりと守り、
攻撃にも参加が出来て足も速いスタミナもある。

こんな良い選手が日本に居たのかと思った。


また中澤や闘莉王の守備面での働きは
安定しており、彼らの存在感は大きい。

セットプレイなどでも、
何かやってくれそうな期待感を持たせてくれる。

しかし、守備に貢献をしていたと言っても、
駒野はどちらかというと目立たない選手。

きっちりとゴールを決めてくる、
そんな選手ではないと思うのですが。

PK戦は運もあるだろうから、
私は彼を攻めるつもりは全くない。

ただ、なんだか悔しいんですね。

詰めが甘かったのではと思ってしまいます。
スポンサーサイト


スポンサード リンク

04:03  |  ワールドカップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。